ヒアルロン酸とコラーゲンを一緒に摂取して相乗効果!

MENU

ヒアルロン酸とコラーゲンの違い

ヒアルロン酸,コラーゲン,相乗効果

さまざまな成分の中でもヒアルロン酸やコラーゲンは、
美容や健康を意識している人の話題になっています。

 

肌に潤いを与えたり、関節の働きを滑らかにするのにどちらの成分も効果的です。

 

案外多くの人が、ヒアルロン酸とコラーゲンは似たような成分だと思っている人もいるようですが、
実は異なる物だといいます。

 

それぞれ根本になる物質が、ヒアルロン酸とコラーゲンではまったく違うそうです。
ムコ多糖類に分類されるのがヒアルロン酸で、糖の一種です。

 

対してコラーゲンはたんぱく質のひとつです。
コラーゲンの働きは細胞と細胞を結合させものであり、体の中にあるたんぱく質のうち、
およそ3分の1がコラーゲンというものです。

 

弾力がコラーゲンが不足した肌からは消えてしまい、際立ってくるのがたるみやしわです。

コラーゲンが関節から減ってしまうと、関節が痛んだりきしんだりするのは、関節の働きが低下してしまうからです。
さらに体内の水分を保つのに関係している成分がコラーゲンで、6リットルの水をコラーゲン1グラムでキープすることができます。

 

いろいろな体の部分に存在しているのが、コラーゲンです。
コラーゲンは足りなくなるとは肌が乾燥してしまうようで、とくに関節や肌の真皮層にたくさんのコラーゲンが存在しているようです。

 

肌の水分をキープしているのはコラーゲンで、肌の細胞を結び付けているのはヒアルロン酸なのです。
加齢とともにヒアルロン酸もコラーゲンも減少してしまうものですが、とても大切な肌を乾燥から守る成分だといえます。


ヒアルロン酸とコラーゲンの相乗効果

体内で生成できるヒアルロン酸やコラーゲンの量は、年を取るとともに減っていってしまいます。

 

それぞれヒアルロン酸とコラーゲンの成分は違うといいます。
お互いが働きを補うような形になっており、関節の働きや皮膚の保湿にかなり関係があるものです。

 

コラーゲンもヒアルロン酸も、その役割をどちらか一方だけで働かせることができるものではないといいます。

 

体のさまざまなところに存在している栄養素ですが、
お肌には網の目のようにコラーゲンがとくにたくさん存在しているのです。

 

その仕組みは、網の部分にヒアルロン酸を閉じ込めて、皮膚が乾燥しない状態をキープするというものです。
ぜったいにコラーゲンがなければ、皮膚にヒアルロン酸を維持することができないといいます。

 

コラーゲンもヒアルロン酸も両方摂取して相乗効果が期待できます。

反対にコラーゲンだけでキープすることができないのが肌の弾力です。
コラーゲンとヒアルロン酸を同時に摂ることが可能なドリンクやサプリメントがたくさんあるのは、
お互いに助け合っている成分だからです。

 

効率よく美肌や健康にいい効果を得るために、一度にヒアルロン酸とコラーゲンの2つの成分を摂取できるようにしているのです。
ヒアルロン酸単体やコラーゲンだけでは、しっかりと美肌の効果を得ることはできません。
コラーゲンもヒアルロン酸も両方とも含まれいるものを、サプリメントなどを摂取する場合には選ぶようにしましょう。

ヒアルロン酸とコラーゲンのサプリメント

ヒアルロン酸とコラーゲンのサプリメントを利用して、美容効果や関節痛対策に役立てている人が増加中だといいます。

 

加齢とともに少しずるヒアルロン酸もコラーゲンも体内から量が減っていくもので、
子供のころはたくさん体の中に存在していました。

 

サプリメントで補うことが、食事で摂取しても体内で作っても減少しているのであれば、
一番しっかりと補給できる方法ではないでしょうか。

 

食品の中でヒアルロン酸が入っているものは、フカヒレや鶏のとさか、魚の目玉、軟骨などだといいます。
日頃の食事でこのような食品を摂るのは難しいのではないでしょうか。

 

ヒアルロン酸を食事から摂りたいとしても簡単ではないことなので、サプリメントが多くの人に活用されているのです。
一緒にヒアルロン酸とコラーゲンが含まれているサプリメントの人気が高いのも最近の傾向です。

 

摂取をどちらか片方だけしていても、それほど美肌にも、関節痛対策にも有効ではないといえるのです。

 

大事なのは、ヒアルロン酸とコラーゲンの両方をバランスよく摂取することです。

店頭では食品として売られているものですので、副作用が起こるといった懸念は、
ヒアルロン酸やコラーゲンのサプリメントに関しては無いといえます。

 

中にはアレルギーの症状が出る人が体質によってはいるかもしれません。
コラーゲンやヒアルロン酸のサプリメントに使用されている原材料は何があるのか、摂取前に調べておくのがおすすめです。

 

ヒアルロン酸、コラーゲンとともに相乗効果があるセラミドも使おう

ヒアルロン酸,コラーゲン,相乗効果

年齢肌のサインとしてお肌の乾燥からしわ、しみ、毛穴の開き、そしてたるみなどがあります。

 

これらの原因はコラーゲンなどの生成が減少してしまうことで、保湿力が弱まり乾燥してしまうということが挙げられます。
そこで有効成分でもあるヒアルロン酸、コラーゲンが配合されている化粧品を使って、対応していきましょう。

 

セラミドとは!

また、20代後半頃からセラミドも徐々に減少してしまいますが、
バリア機能が低下してしまうことでのデメリットもありますので、できればセラミドも使っていきましょう。
バリア機能が高まり、もちろん保湿力もあがってくる相乗効果でお肌の状態がよくなっていきます。

 

シワは、深くなればなるほど、セルフケアでは対応できなくなってきます。
予防をするということで年齢肌のサインも出にくくなりますし、数年後のお肌にも違いがきっと出てきます。

 

ヒアルロン酸、コラーゲン、セラミドは保湿成分ですのでぜひ成分チェックをして化粧品を選んでいきましょう。


ヒアルロン酸やコラーゲンだけでないエラスチンによる相乗効果とは

ヒアルロン酸,コラーゲン,相乗効果

保湿成分で有名なヒアルロン酸コラーゲンですが、これらを摂取するだけでなく、エラスチンが配合されている化粧水や美容液を選ぶと相乗効果で潤いのある肌を手に入れることが出来ます。

 

エラスチンはヒアルロン酸やコラーゲンを結びつける働きを持っています。
そのため肌に取り入れたヒアルロン酸やコラーゲンを捕まえて肌にギュッと閉じ込めることが相乗効果により出来るのです。

 

しかし加齢とともにこれらは30代を過ぎたころから減少するため、外部から摂取しなければ潤いも弾力のある肌も失われてしまうのです。

 

エラスチンは魚やお肉などの食材に含まれていますが、食材からの摂取では体への吸収が十分でないこともあり、
食べることで肌質の改善にまで期待するためには量も期間も多くが必要になります。

 

そのため理想の肌を手に入れる近道は化粧水や美容液など化粧品から肌に直接与えることになります。
ヒアルロン酸やコラーゲンが配合された化粧品を使用していても、思ったような効果を得られなかった人はエラスチンに注目してみると良いでしょう。

ヒアルロン酸・コラーゲン・ビタミンcの組み合わせは相乗効果が期待できる

ヒアルロン酸,コラーゲン,相乗効果

肌の老化に大きな影響を与えているのが、ヒアルロン酸とコラーゲンの減少です。

 

ヒアルロン酸は、1gで1Lもの水分を抱え込むことができるほど高い保水力があり、潤いのあるみずみずしい肌の維持に欠かすことができません。

 

一方、コラーゲンは真皮で網目状に存在し、肌の内側からハリや弾力を生み出しています。

 

このように、両方とも美肌作りに重要な役割を担っていますが、年齢と共に量が減少するため乾燥やシワ、たるみが目立つようになります。

 

そのため、エイジングケアにはヒアルロン酸とコラーゲンを増やす対策が効果的です。実は、この二つの成分は互いに影響を与え合う関係を持っています。

 

どちらかが不足すると、互いに十分な機能を果たすことができませんし、両方が十分にあれば互いにいい影響をもたらします。

 

さらに、ビタミンcはヒアルロン酸とコラーゲンを生み出す繊維芽細胞を活性化する働きがあるため、3つの成分の組み合わせには相乗効果が期待できます。

[ヒアルロン酸とコラーゲンの同時摂取で相乗効果!]関連情報